未分類

2015年度 個人的エロゲランキングBest5

はい、昨年同様やってみようかと。

2015年度 個人的エロゲランキングBest5をまとめてみた。
2015年発売でなく、2015年度でプレイしたランキングなんであしからず。

文章自体はかなり3月時点で書けてたけど、ダラダラと放置してたらもう7月に…。
時期外れ感ハンパないけど勿体無いので。(昨年と同様


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
5位  「恋×シンアイ彼女」
20160718_1.jpg  
切っ掛けは星奏√の騒動で気になったので購入。
星奏√のネタバレをしている状態でプレイしたので、発売日購入クリアの人とは感想は共有出来ないと思う。
仮に自分がネタバレ無しでクリアしていたら、そのチャレンジ精神に点数高めに付けたとは思うけど、流石にネタバレ済では衝撃はほぼ無かった。
むしろもっとエグい話を期待していたので少し肩透かしだったかも。
しかし、騒動にならなければ手に取ることは無かったので難しいところ。
彩音、星奏√は楽しめたが他2人は記憶に残っていないので、新島夕テキストは上手いなと思った。






-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
4位「ハピメア -Fragmentation Dream-」
20160718_2.jpg  

ハピメアの続編。
ハピメア本編の雰囲気は素晴らしいとは思っているが、夢の為にコロコロ変化する展開と主人公のダウナーな感じが疲れるのであんまり好きではなかった。
しかし、本作はFD的な感じで小話をサクッと楽しめる構成なので気軽に起動してチマチマ進められた。

特筆は舞亜関連での2つのシーン。
テキスト、CG、BGMが綺麗に一つのシーンを創りだしていた。
こういうシーンが表現出来るからビジュアルノベルが好きなんだと思わせてくれた。







-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
3位 「夏の終わりのニルヴァーナ」
20160718_3.jpg 
もう日常のギャグシーンが苦痛で堪らない。
ギャグセンスがない人が無理矢理笑わせようとするとここまで酷くなるのかと体験出来た。
そして普段何気なくプレイしている可もなく不可もない日常を描けるライターに感謝をした。

…とこき下ろした訳だけど、それでこの順位なのは後半のシリアス部分が圧巻だから。
仏教とそれぞれのヒロインの「業」を絡めて大変説得力ある話となっている。
多少説教臭くもあるが、ライターが仏教について造形が深くそれでいてテキストも読みやすい。
ついこのライターの他作がないか探したほど魅力あるテキストであった。(日常描写は酷いが。

ラストもご都合主義を排して完全なるハッピーエンドでは無いのが大変好み。
このロングムービーを見て面白そうと思えば買いかも。特に後半。歌詞も逸品。





-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2位 「PRIMAL×HEARTS」
20160718_4.jpg  
自分でも萌えゲーをこの位置に持ってくるとは思わなかった。
あまりプレイ本数が多くないのも起因しているとは思うけど、本作は減点方式で考えると引くところがほとんど見当たらなかった。
シナリオ的には驚きや伏線回収など皆無である。
しかし、シナリオゲーと萌えゲーではそもそも求めているものが違うのは当然で、萌えゲーに自分が欲しいと思っている「可愛いキャラ」「美麗なCG」「濃いエロ」「不愉快にならないシリアス展開」「素敵な主人公」がほぼ体現出来ていた。

まさかま~まれぇどからここまでレベル高い作品が出るとは予想外。
以前から絵は良いけどシナリオがお察しと聞いていたので、今後もこの調子で安定した萌えゲーを作って欲しいと思う。






-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1位 「サクラノ詩 -櫻の森の上を舞う-」
20160718_5.jpg  
10年延期の超大作。(感想
まさかホントに出るとは思わなかったw

内容については意味深な発言連発やあまり上手くない日常会話には不満がある。
また、絵については崩れているものが多い。素晴らしき日々はまったくそういったところが無かったので残念。

しかし、インパクトあるシーンや伏線回収はやはり素晴らしかった。
間違いなく2015年の代表作だろう。
そもそもここまでの大作を作り込めるメーカーがどれほどあるだろうか。
続編「サクラノ刻」も決定しているので早くやりたいものである。

当たった色紙は家宝(自慢
20160718_12.jpg













-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
裏1位 「西暦2236年」
20160718_6.jpg  
やっぱすごいよ!西暦2236年!(感想
昨年度プレイした中で商業ではサクラノ詩が1位なわけだけど、プレイ後同じくらい時間が経っているのにこちらの方が心に残る、ふと考えることが圧倒的に多い。
つまりは心に食い込んでいる。
珍しく2周目プレイもしたし、それでいてまだ周回したいと思わせてくれる。
Trueの後半部分だけならもう10回以上はプレイしたかも。
あの一連の流れと結論が最高に好きだし、それに至る過程が丁寧&センス溢れる表現で魅力的。

それならこれを1位にしろと言われそうだけど、なんか本作は向かっている方向が商業とは別ベクトルの作品なんで比べるのも変な感じがしてしまったので別枠とした。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

というわけで2015年プレイベスト5でした。
昨年思い返すには時期がズレ過ぎた感あるけど、とりあえず商業エロゲのプレイ本数減ったなと思った。
最近は同人中心に移行しつつある気がしてならない。
やはり単純に商業エロゲはプレイ時間が長すぎるので、その面でキツいかも。
でも面白いのはそりゃやってみたいので今年もそんな名作が出ることに期待。















おまけ。
せっかくなんで簡易で2015年ノベルゲランキングも

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
5位:私は女優になりたいの
20160718_7.jpg  
「西暦2236年」と同じサークル作品。
カオスゲーの一言に尽きる。
奇抜なキャラクター、素人くさい声優の演技、魔法少女、ボーカル曲の多さ、様々なタッチで描かれるキャラ。

もうホントにごった煮。

しかし、そのごった煮を意味あるものに着地させる手腕は見事というしかない。
実験作でありながらしっかりと楽しませてくれる。

フリーなので是非。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
4位:Humanity
20160718_8.jpg  
最近は「ノラと皇女と野良猫ハート」を製作したライターはと氏の同人時代の作品。
同人作品の中でも高得点を維持しており、いつかやってみたいとずっと思っていてついにプレイした

とりあえず奇人、変人が織りなす怒涛のギャグ攻勢に圧倒される。
スベりまくりのものもあるが、もう勢いでいつの間にかしょうもないものでも笑える体にされる。
約85%はギャグと思えるくらいの量であり、ギャグの質には玉石混交ありつつもよくそこまで書けるなと感心する。

そして残りの部分がシリアスとなるわけだけど、本作は想像以上に世界設定・背景が深い。その設定とギャグというものが合わさってなんとも言えない読後感を味わえる。
ここまでギャグ描写を上手く作品根幹に練り込んでくるとは感心した。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
3位:アルティメット・ノベル・ゲーム・ギャラクティカ
20160718_9.jpg  
ノベルーゲーム作っていたと思ったら人生について考えさせられた。
分類すると青春モノになる気もするけど、それだけではくくれない濃さがある。

先輩の「結婚」シーンとかそう他作では見れないのではないだろうか。
なんか色々考えさせられた。
と青春モノと思っていたら最後には「ああ、これは確かに最強のノベルゲームを製作するゲームだ」と思わせてくれる展開で胸熱。

しかもしかも作中の伏線をしっかりと回収してくれる!
これだけの要素を詰め込まれて私が嫌いになるわけがない!
SFモノとしても青春モノとしてもモノづくりモノとしても楽しめるので、プレイしていたらなにかしら好みな部分があるはず。

こちらもフリーなので是非。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2位:うたわれるもの 偽りの仮面
20160718_10.jpg  
うたわれるもの大好き。
あの世界観、ケモノ耳、SF要素、楽しい日常描写と過酷な戦闘描写。

その続編とあればプレイしないわけにいかない。

まあ、正直内容についてはそこまで面白いとは思えなかった。
続編ということで主人公よりはプレイヤーである私の方がこの世界の秘密について知っている状態なので、展開の驚きについては共有出来なかった。
また1の戦国状態と違い、こちらは平定されている国なので日常描写が多くメリハリが少なかった。内容も飲み食いやホモネタなども多く微妙。
改めて1のバランスの良さ、それぞれのキャラの魅力を表現するイベントの散りばめ方が素晴らしかったなと思った次第。

しかし再びこの世界観に浸れたことでもう満足。
次作で完結ということで1の無駄な後付だったと言われないような作品にして欲しい。
舞台はトゥスクルがメインになってくると思うのでそこらへんも期待。
やっぱ1キャラが好きすぎる…。2で好きなキャラ少ない…。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1位:CHAOS;CHILD
20160718_11.jpg  
まさかここまでの作品とは。(感想
前作のカオスヘッドは面白い部分がありつつも全体的に見た時にそこまで惹かれる部分は無かった。

その続編でこれだけの完成度を構成出来るとは見事というしかない。
しかも単独ライターでなく複数ライターではあるが特にルート格差も感じなかった。
製作の際にそれぞれ入念なすり合わせができている証拠だと思う。

ある部分で一気にジェットコースターのような急展開を迎える。
今まである意味傍観者でゲームを楽しんでいたのに一気に当事者として作品世界に引き込まれる間隔は中々ない。
据えたテーマも逸品でそれを説教するような形でなくゲームをプレイすることでユーザーが受け取れるようにしている。
「起承転結」の構成が完璧。

シュタゲに続いてカオチャという名作を製作してしまい更にハードルが上がって大変だとは思うが、またこのレベルの作品が出るかもと期待してやまない。

引っ越し作業中

FC2での言葉狩りや凍結騒動もあって不信感が高まってきたのでlivedoorブログへ移行作業中です。
気長に移転先を整えて行く予定です。
本ブログをブックマークして頂いている奇特な方がいましたら、移転先をお手数ですが登録お願い致します。
今後はlivedoorブログにてチマチマ(1ヶ月めど)更新していく予定です。
→…と移行作業していたらlivedoorブログの文字数制限に引っかかり断念…。
また凍結された時用にlivedoorアカウントは残しておきますが、基本このままで引き続き更新予定です。

近況

近況:サクラノ詩終わりました。(広告対策更新

投稿した感想

第153回芥川賞受賞作 又吉直樹著「火花」感想

又吉直樹氏の「火花」を読んだ。
火花
特設サイト

あんまりこの方のことは知らなくて、芥川賞候補になった時にTVで観て「へー」って思った。
なので、芸人としてはイメージが定着してないので余計な先入観なく読めたと思う。

始めはあまり興味も無かったのだが、Ever17や極限脱出シリーズの打越氏が以下の呟きをされて興味が湧き
3連休突入の嬉しさも後押しして購入した。

感想としては一気に読めたし本当に面白かった。
純文学とかそれほど読んでいるわけでもないし、
歴代の芥川賞もほとんど読んでないので今回の受賞がふさわしいかどうかは全然分からないが、
単純な読み物としては確かな出来だし読みやすかった。

打越氏の呟きを見た時は「泣けるの?」とか思ってたが、
後半の漫才シーンでは目頭が熱くなった。ああいうの弱いのよ…

でもよく考えたら漫才師って言葉のエキスパートだよなと。
言い回し、表現をその場で瞬時に変えて違和感を出してツッコんで笑わせるという。

一人称小説だったのも読みやすさに繋がってた。
唐辺葉介氏の小説が好きなら読んでみても良いかも。
読み味としては「電気サーカス」に近い感じ。

不満点は値段のみ。
単行本だから仕方ないかもけど、この厚さで1200円は割高に感じる。
受賞により更に増刷されるので、中古や図書館で探して読むのが一番良いと思う。
でも満足度高かったから、この値段でも納得はしている。
逆にあの厚さでしっかりと面白いと思わせてくれた。

暗い部分にはあまりスポットを当ててないから読後感も良い。
ライバル同士の足の引っ張りあいや、妬み・嫉妬などの描写がないから少し物足りない感じも受けるが
業界でどう生き抜くかというテーマよりも漫才師としてのあり方にスポットを当てた話だからこれは割り切る。

「火花」が気に入ったなら、そういった部分の描写がある漫画「べしゃり暮らし」がお勧め。
べしゃり暮らし
先日完結したようで、漫画で漫才とか難しいテーマをよくここまで書けたなと感心する。
これを読んで漫才界の内情ちょっとは知ったし涙腺に来たから、「火花」を気に入るのは必然だった。

気に入った一文。
ここらへんを指して打越氏はクリエイターに読んで欲しいと言ったんだろうな。

「一つだけの基準を持って何かを測ろうとすると眼がくらんでまうねん。たとえば、共感至上主義の奴達って気持ち悪いやん?共感って確かに心地いいねんけど、共感の部分が最も目立つもので、飛び抜けて面白いものって皆無やもんな。阿呆でもわかるから、依存しやすい強い感覚ではあるんやけど、創作に携わる人間はどこかで卒業せなあかんやろ。他のもの一切見えんようになるからな。これは自分に対する戒めやねんけどな。」

キョンシー✕タオシー体験版(三章前半(参話)まで)感想

電動伝奇堂キョンシー✕タオシー体験版(三章前半(参話)まで)をクリアした。


面白いし凄かった
という感想しか出ない。

この面白いってのは純粋に楽しいという意味。
面白い活劇漫画を読んだ気分にさせてくれる。

この作品を語る上で演出は欠かせない。
本当に凄くて驚いた。

【定期CM】 動く、とにかく動くめっちゃ動く!! フルボイス同人ノベルゲーム「キョンシー×タオシー」 体験版絶賛公開中。 http://t.co/spwrvjbq8Y #den2do_kyontao pic.twitter.com/xWA8KhpCaF
上記の通り「動く、とにかく動くめっちゃ動く!!」と謳っている通り、
超絶動くし演出のセンスがずば抜けている。


演出が凄いノベルゲームだと「マブラヴオルタ」「魔法使いの夜」「ef」などがパッと浮かぶ。
流石に上記の商業作品の絵のクオリティに敵う訳はないが、そのネタと演出の密度においては上回っている部分があると感じた。

プレイ中まったく立ち絵というものを意識することが無かった。
画面いっぱいにキャラを動かし、アイキャッチ・ネタを盛り込みまくって飽きることがない。

ノベルゲーをプレイしているというよりも漫画を読んでいる印象である。

ここのコラムにある通り「元々は某少年誌用に書かれたもの」とあり納得。

ルアンという少年が殺されキョンシーになって物語が始めるのだが、
実力ある殺し屋と言っていた割にあっさり殺されて拍子抜けした。

でも少年漫画の読み切りと考えれば王道中の王道展開だなと。

もうちょっと手詰まり感を出してから殺されたら個人的に良かったけど
あまり長くしてもテンポ悪くなるし、これだけ演出詰め込んでいるので
ある程度の長さにまとめるのが良いという判断だろう。(多分

漫画的と書いたけど、「Quartett!」のFFDシステムのような演出のみではなくアニメのアイキャッチや実際に動画も入れており動きを出している。

体験版プレイしたら凄さが分かるので是非DLして欲しい。

2015年6月21日現在は「最初から三章前半(参話)まで収録」の体験版を公開中!
1.44GB…。これだけでも演出にどれだけ力が入っているのか分かる。
プレイ時間一章20~30分、二章60~70分。三章前半30分。(公式より)
息抜きにもちょうど良い。


しかも今なら
「2015年、夏コミ前まで」に感想、レビュー、口コミを募集しており
夏コミで配布予定の『キョンシー×タオシー第二部』をデータ形式で無料ブレゼント企画中だ!
(こうゆう企画に弱い私)



同人ながら主人公含め主要キャラフルボイスってのも特筆物。
しかも棒声優ではなく、ちゃんとキャラにあった声で女性キャラの可愛いさも際立つ。

体験版はかなり良いところで終わるので続きが気になる。
ですろりに比べてグロさやエグさがかなり鳴りを潜め、良い意味で肩に力を入れず楽しめる作品。

こんな初っ端から全力で演出に力入れて後半息切れしないか本気で心配になるが、
是非このクオリティを維持して完結までいって欲しいものだ。


興味持ってもらう為、下記にほんの一部分のキャプチャを貼っておく。